ワークフロー改善で効率アップ|みんな楽しくワーキング

ワークフローの見直し

企業の業務改善は全体を見通す必要がある

企業には複数の部署が存在しているものです。複数の部署が相互に協力する事で、安定した利益獲得に務める事ができます。よって1つの部署が動作不良を起こすだけで、業務は滞り利益の損失になりかねません。 近年では内部統制の重要性が説かれていますが、何も考えずに業務を正そうとすると痛い目を見る可能性があります。それは前述した部署の機能不全が原因です。例えば内部統制の仕事で最も恩恵を受けるのは、それを統括する総務部や経理部です。しかし彼らにとって有利な施策を行いすぎると、他の部署にも影響が生じます。それによって業務のバランスが崩れて、企業全体の不利益に繋がるのです。 企業の利益とは特定の部署を見るだけでは不足だという事です。

ワークフローの見直しにコンピュータを使う

前述した仕事の流れは、ワークフローと呼ばれています。ワークフローの歴史は20世紀の初頭から始まりました。始めて活用された現場は製造業の仕事です。製造業は手順通りに部品を組み合わせて何かを作るため、ワークフローが導入されやすい雰囲気でした。しかし当時のワークフローの見直しは、紙を使った原始的なものになります。 それに対して現在のワークフローの改善は、コンピュータを用いられています。様々な情報を記述する事と計算機能を持ったコンピュータは、業務の改善にうってつけです。紙で作ったワークフローの改善案は保存性が悪いため、企業全体への通達しかできません。徹底的に浸透させるためには、コンピュータのような媒体を用いる事がベストです。

↑ PAGE TOP